砂塵粉雪妙〜技団

アクセスカウンタ

zoom RSS 道内3泊ツーリング行ってきましたぁ〜(まとめ)

<<   作成日時 : 2005/11/20 13:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


本日は、久しぶりに何もしなくていい日曜日。

妻がおでかけなのでワゴンRのワイパーと
冬用ウオッシャ液を補充してあげて送り出し。

今回はお盆に行ったツーリングについて
これまでのパッキング改善の結果話と、
印象に残ったことを述べようと思います。
本編はこちら



パッキングのハナシ
積載する荷物がひとかたまり減らせた効果は、気持ちの問題かもしれないけど結構大きかったと思う。
「積み上げる」という概念が無いので気分的に楽だし、一度縛った後に調整するのもラクだった。
自分は男だしそれなりの筋肉も持っているツモリなので重量感に変わりはないけど、サイドスタンドを立てたり外したりする際の感触は
明らかに積み上げたものを起こしたりする感じは減った。
これは峠のワインディング区間で無理なくタイヤの端までバンクさせてる(フルバンクという意味ではなく)トコロを見ても、
気分的に「ヨイショ!」な感覚がまったく無かったことからかなりいい効果を示してるのではないかな。
それよりもです。
今回はバイク用品で定番のテンションコードを忘れてしまったのだ。
まあ、これは結果的に「使わないから忘れた」のであって失敗ではない。
なぜ使わなかったのかというと、パッキングに使う「ストラップ」をタクサン用意していたのでそれで荷物の固定が完全にできてしまったから。伸縮性が無いのでまったくグラつかないし。
これが荷物の積み込み時間の短縮や巡航中の疲労まで低減しているのは間違いないと思った。

テンションコードを忘れた事に気づき困ったことといえば、気温が高いのでレザーのジャケットを脱いで走りたいと思ったとき。
脱いだジャケットをくくりつけるものが無い!って思ったときのみ。
強いて言えば、キャンプの買い物をどうやって持っていこうか・・・という問題かな
これは妻のサイドバッグが容量可変だったので問題なかったけどね。

とにかく荷物は減らす、固定は伸縮ヒモの類は使わない。ということでよい結果が出ました。
これ以上は専用品を買っていかないと解決はできないと思われ。
現状の装備ではかなりベストになったかな。


思い出したこと
今年はお盆ツーリングライダーがちょっと増えたかな、車種は極端な印象。
ハーレー系・スクランブラー系が多いですね。
カウルつきのレプリカやツアラー系が少なくて、見かけると珍しく感じます。

妻のVFRは注目を浴びますね。道の駅などでの休憩はたいてい先客でトイレ・売店近くが混んでいるので、再出発がしやすい場所にバイクを止めるのですが遠くから多数の視線を感じます。
女性が運転しているからか、何度か休憩中の女の子が「アレなんてバイク?女の子でも乗れるんだ〜?」ってな会話が聞こえてくること数回。
そりゃーW650とかハーレー乗ってるなら大丈夫かもよ?

おれアメリカン嫌いじゃないし、乗ってる人もスタイルも嫌いじゃないけど言いたいことがある。
バイク乗りとして恥な事はしてほしくない。
バイクなのにクルマの走行の邪魔になってたり、ドライバーの神経を逆撫でするような中途半端な運転はやめましょうよ。もっとバイクの社会性を考えてほしいと思います。
駐車場でも俊敏な判断と行動をしましょうよ、道の駅入り口で止まってしまって後続車の進入の妨げになったり。そりゃー国道素通りしたいドライバーにホーン鳴らされますって。
何で俺がアメリカンの人っていうのか。
手軽に足がつくからそのまま止まっちゃうんですよ。自分の足に頼りすぎな感じがします。
足をつくから転ぶんですよ、足をつかずに小回りする練習をしてください。ホントに笑
立ち止まって置き場所探す前に駐車場の奥や端までいくっていう考えを身に着けようよ、とりあえず。
細かい事言えば、バタ足もかっこ悪すぎ。そりゃー車にナメられる訳ダヨ。
取り回しはバイクから降りてやるのがスマートです。両足で支えるから倒す事も無いです。

あとクルマを追い抜いたら、速やかにそのクルマの視界から消える努力を。
抜いたのに車の前にずーっと居たら「何しに抜いたんだ?(単に自分がジャマだったって事か?)」とドライバーさんは思うわけですよ。
後ろで見てると「早く行ってしまえよ」とドライバーさんが考えているのミエミエです。
クルマにとって車線内を右に左にフラフラしながら前を走られたら気分悪いでしょう。


最近はミニバンやRVも速いです笑
狩勝峠手前でパーティのしんがりを勤めていたのだが、ぐんぐん後続車を抜いてくるVOXYがミラーに写った。まもなく俺の後ろの車との間にスポッと入ってきた。腕はいいドライバーらしい。
いやーその後は参った、ミラーで確認して多分車間は1メートルくらいなんだろうな。
マックスに追われるトゥーカッターの気分。
先を走るS君が心配そうに何度も振りかえるが、自分を抜いてもらってもその先に居るエミちゃんとうちの奥さんら女の子に重圧が移動するだけなので、あえて譲らなかった。
しかしなかなか一気に抜いてもらうチャンスが来ない、これは追い越し車線が現れるまでしんがりを守るしかないなと気づかれないようにブロック。さらに、抜いてくるなら短時間で、かつパーティの間に入り込まれないよう隊列を整えた。
かなりの時間耐えたがやっと追い越し車線が現れた。VOXYがフル加速?して抜いていく。
先頭のたに〜君はもう見えないし、S君はVOXYを追っていった。妻もそれを追っていった。
えみちゃん120km/hからじわじわと加速中、おれはあいかわらずしんがりを守る。
てか・・・今のミニバンってこんな短時間に100km/hあたりから坂道加速して推定160km/h?とかで走れちゃうんだねースゴイねー。
クルマを抜くときは心して抜かねば、抜かなくてもいいならやめておきましょ笑


朝方に突然土砂降りはイヤだね〜
女満別でのキャンプ中、夜蒸し暑かったのでテントを開放して蚊帳だけにして寝ていた。
就寝体制がちょうど寝ながら星がバッチリ見えて「地方は星が良く見えるねぇ」て言いながら寝たんですよ。
気がつくと顔がずぶぬれ。なんだ?っと起き上がると蚊帳から雨が素通りして顔に・・・
ヤベェー!とテントを閉じ、外においてあったブーツを保護。
ドジャー!っと雨が降っている。周りのテントに動きはない、ミナサンふて寝と見た。笑

朝5時じゃまだ寝てるか。
雨脚が弱くなるのを待つより、逃げるように荷造りして走り出したのでした。
レイングローブ、イイですね〜かなり快適でしたよ。
2人分買ってよかった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
道内3泊ツーリング行ってきましたぁ〜(まとめ) 砂塵粉雪妙〜技団/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる