砂塵粉雪妙〜技団

アクセスカウンタ

zoom RSS 無事に修復できたから言えること(笑  [1]

<<   作成日時 : 2006/09/13 17:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

7月のある日、妻のVFRがタチゴケで右側カウルとタンクに傷が入ってしまいました。
まあ、3ヶ月近く休暇もなく久しぶりに250キロほど走った頃でした、判断力が鈍っていたのかUターンを助走なしでやって倒しちゃったのです。
さきにターンした自分は倒れていく様をミラー越しに見守るのが精一杯でした。

ま、同行のTW氏のおかげで二次的事故も避けることができ、本人に怪我もなく。
同じ転かすのでも滑走するよりぜんぜんマシで。
しかしだ、中途半端に無事なものだから外装は換えるほどでもなく
泣けたといえばタンクが微妙に凹んで塗装にひびが入ったことか・・・

ま、ZX10でおれもやったしな。洗車場でギアが抜けて。
今回のタチゴケは妻にとって一つの通過儀礼みたいなもの
よほどの手練れやマッスルでもない限りみんなやるでしょ?(やるよね・・・)
俺のVFRより高年式で中古価格も倍近いやつでやってしまったのが悔やまれる。
とりあえず「これからは落ち着いて操作したまへ」と言っておいた(もっと言ったけどw)

自分が乗らないにしても傷もナメずにそのまま走るのは目に毒だ。
放っておいても数日でタンクは錆びるし
それより「どうせ1回転かしてるから」と粗末に扱う心が定着しそうでイヤだった。
それじゃコゾーライダーと同じだ!大人なんだからプライドを持って所有していただきたい。

というワケで、完全修復の見積もりも取ってみた。
払えません、そんな金額・・・払えないことは無いんだけど、

CRFがさらに遠くなってしまう〜〜マジでよー。

やるしかないか〜塗装。
とりあえず、ヘッドライト光軸が片目だけ上を向いてるのでアッパーカウルフレームは交換だな
じぶんのVFRも中身は転倒車だけどカウルフレームは何回修正しても元に戻ってしまうし
はっきり言って時間と労力の無駄です、換えた方が早い。
で、ウイング北に依頼して交換してもらいました、他のステー類も新品に。
同時に純正色スプレーとかも頼みました。

ZX10の時は冬にやったけど、今回はシーズン真っ盛り
手早くやらないと秋になってしまう、と言っても土日2連休では仕上げするのに日数がぜんぜん足りない。でも進められるところは進めるしかない。
自分的には青空の下、自家塗装をするには4〜5日の連続日がほしい。
3度以上重ね塗りをしたいので足付け(表面処理)→塗り→乾燥に時間を取られて車体も移動できなくなるからだ。さらに仕上げ研磨膜を作りたいのでクリアも・・・

乾燥時間の短縮のために、赤外線ストーブも準備。
帰ってきたVFRをマスキング(このときは部分塗装で終わらすつもりだった)
下地処理で素材の黒が出てきてしまったので、途方に暮れた日。
しかもスプレーの色が合わない、境目がはっきりわかる。


この時点で「部分塗装」はあきらめた。
面分割が多くてこまこましてるから、きっとそうなると思っていたけど
土日を毎週使っても盆には間に合わないかもなぁ。

アッパーカウルの外し方もわからん!ライトごとメインフレームから外すんかコレ?
うーん・・・俺のとはバラし方が違う〜〜
と悩んでるうちに日が落ちて1週目終了。
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
怪我もなく元気にしてるならいいじゃん。
元気が何よりでしょ!兄様(*^_^*)
全然更新されないからちょっと心配したじょ。
ぶぅる
URL
2006/09/17 21:16
おひさしぶりです、初めてコメントに書きコします。
私もVFRではけっこう立ちゴケしました。ゆっくり発進しようとして、エンストしてそのままパタン・・・と。幸いにもサイドパニアケースのおかげでほぼ無傷で済みましたが「自分のテクもまだまだなのかな?」としばらく落ち込みました。その後は「みんなこうやって上達への道を登るのかな」と自分を納得させています。怪我が無くて何よりです、修復、がんばって下さい!またツーリングで「新生VFR」と一緒に走れる日を楽しみにしています。
だいちゃん
URL
2006/09/18 10:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
無事に修復できたから言えること(笑  [1] 砂塵粉雪妙〜技団/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる