砂塵粉雪妙〜技団

アクセスカウンタ

zoom RSS 古い話だけど、忘れてはいけない…

<<   作成日時 : 2009/07/18 21:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

注)伏字にピン!と来ても曝さないよう、くれぐれもお願いします
画像



まず前置き
2005年あたりか、多忙な課長が脳梗塞で倒れました
さらに部長がアスベストに肺を侵されていたのが発覚し入院闘病に入りました。
このあたりかな始まりは(というか現時点では本家ブログの続きと言っておこうか)。
広告代理店業務なんだけど、その上司のクライアントは当然いくつもあり
復帰するまでの間つなぎを部員でしなけれはなりません。

自分はMacを相手に小物件のデザインや外注をコントロールする立場でしたが
部長と組んでやってたクライアントを引き継ぎ、営業もするようになりました。
日本最大自動車メーカーが裏で直営している大型中古車店とか、
パリダカに毎年好成績を残しているメーカーのディーラー法人とかですね。

そして業務復帰は無理となった部長に代わって課長が部長に昇進。
新部長がさらに多忙になったためか、約1年後、自分に回ってきたのは
「札幌○○メ」「北海道○○銀行」を地の底に落とし込んだあの人のお相手です。

同格の制作部員3人のうち、営業・取材・外注ハンドリング・デザイン・見積&売上管理
客に対する販売促進計画の考案やリサーチまでできて、
スーツ着てくるのは自分しかいなかったからですね。
(1人は大きなクライアントを持っていて、たまにスーツ着て大阪に飛んだりしますが)

自分のクライアントとして回ってきて1本目の仕事は
札幌の有名スキーゲレンデのあるあのエリアで
何百メートル、ボーリングしたか知らないが天然温泉施設の3号店をオープンする
というものでした。
秋、オープン2週間まえだったので、依頼された仕事はすべて手遅れ
しかし24時間営業という前提からか工事業者・われわれのようなその他業者は
昼夜関係なし、自分にとっては一人で会社に連泊は何度もありますが
特急以上の突貫作業を、カメラマン・友人が経営する会社・印刷会社・
仕上げ業者も巻き込んでオープンに間に合わせる。という事態は初めてでした。

日に日に気温が下がっていく中、オープン対応はなんとか収め
関係した仲間はみなボロボロでした。
自分なんか睡眠時間を取り戻してからも目が痛くて開けないとかー
めまいがして全然立ち上がれないとかー(立っていられない)
滋養強壮剤ジャンキーになってしまって胃が変→常に吐き気。とか

話題の店舗はそれで終わるわけではなく、オープン後も増客のために
追っかけ広告や、店内ポップの制作など追い込まれるわけです。
そんな中、入院闘病中の前部長が、努力もむなしく亡くなってしまったのでした。

この辺で、「つづく」にしておこうかな

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
古い話だけど、忘れてはいけない… 砂塵粉雪妙〜技団/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる